まちづくり・お宝バンク

お宝No.468
目をつむる写真展

提案者:  一般社団法人ヴァリアスコネクションズ (左京区)

「目をつむる写真展」は、これまで京都、静岡、滋賀で5回開催し、年齢、性別、国籍、障害の有無を超え、共に目をつむった人たちは3000人を超えました。目をつむると、普段見られない表情が浮かび上がります。そしてその表情から、その人の新たな一面に気づくことができるでしょう。また、目をつむることは寛容を表すメタファーでもあります。さらに、目をつむることが祈りに通じるように、その表情は心の目をひらき、自分を見つめています。目をつむることに思いを巡らせながら、本展を通じて、人との関わりを見直すきっかけになったり、見えない「つながり」を感じたり、新たな「つながり」が生まれることを願っています。

進捗状況・成果

寄せられたご意見・応援

現在寄せられているご意見・応援 0 件

ご意見・応援 フォーム

公開されている、ご意見・応援はありません。 「ご意見・応援 フォーム」より、投稿をお待ちしております。
お宝No.468 登録情報
提案者 一般社団法人ヴァリアスコネクションズ
WEBサイト等のURL https://www.various-c.com/
提案者の区分 一般社団法人 
提案者の所在地 左京区 
提案の種類 私たちが取り組みます! 
提案の区分 一般テーマ 
提案のカテゴリー 文化・芸術  福祉 
提案に関連するSDGsの目標番号
SDGsとは リンク先の目標番号のアイコンを選択すると詳細が表示されます)
すべての人に保健と福祉を 人や国の不平等をなくそう 住み続けられるまちづくりを 平和と公正をすべての人に 

ページの先頭へ